当サイトは記事内に広告を含む場合があります (広告について)≫
音楽

ヨルシカオマージュ作品まとめ【ヨルシカのすゝめ】

音楽

※随時更新中

夏草が邪魔をする

靴の花火➤よだかの星/宮沢賢治

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の短編童話。飛び方や鳴き声が鷹に似ているだけで「よだか」と名づけられたため、鷹に改名を強いられる。鷹の無理難題と食物連鎖の悲しさが、絶望へと変わっていく。よだかは太陽や星に連れて行ってくれるように頼むが聞き入れてもらえない。すっかり力を落としたよだかは、自分の力で空へ一直線に舞い上がっていき「よだかの星」となる。賢治は、絶望した者に、青い美しい命を与える。

よだかの星 あらすじ

「よだかの星」「銀河鉄道の夜」「オツベルと象」「セロ弾きのゴーシュ」など、14編を収録。

負け犬にアンコールはいらない

負け犬にアンコールはいらない➤負け犬/岸田稚魚

爆弾魔➤檸檬/梶井基次郎、加賀千代女

私は体調の悪いときに美しいものを見るという贅沢をしたくなる。香りや色に刺激され、丸善の書棚に檸檬一つを置き–。現実に傷つき病魔と闘いながら、繊細な感受性を表した代表作など14編を収録。

檸檬 あらすじ

芭蕉十傑の一人・各務支考に見出され、代表作「朝顔や つるべ取られて もらい水」などを詠んだ女流俳人、千代女の軌跡。 今、甦る江戸期の花の俳人。

加賀千代女 概要

ヒッチコック➤アルフレッド・ヒッチコック
サスペンスの巨匠と呼ばれた映画監督『ヒッチコック』

こちらはアルフレッド・ヒッチコックのサスペンスの傑作である「サイコ」成功の裏側を描いた伝記映画

アルフレッド・ヒッチコックの作品はサブスク配信サービスでも観れます。調べたところ、U-NEXTとAmazonプライムビデオの2会社です。

▼U-NEXT

▼Amazonプライムビデオ

ただ君に晴れ➤正岡子規

だから僕は音楽を辞めた

だから僕は音楽を音楽を辞めた➤嘘の衰退/オスカー・ワイルド

嘘の衰退が収録されている図書は古い出版しかありませんオスカー・ワイルド全集の第4巻に収録されています

▼こちらはオスカー・ワイルドの生涯を辿った作品

エルマ

雨とカプチーノ➤山椒魚/井伏鱒二、正岡子規

老成と若さの不思議な混淆、これを貫くのは豊かな詩精神。飄々として明るく踉々として暗い。本書は初期の短編より代表作を収める短編集である。岩屋の中に棲んでいるうちに体が大きくなり、外へ出られなくなった山椒魚の狼狽など12編収録。

山椒魚 あらすじ

ノーチラス➤海底二万里/ジュール・ヴェルヌ

ときは1866年、大西洋に謎の巨大生物が現れた! 異形の〈怪物〉の目撃譚に人々はおののき噂した。白鯨か? 伝説の怪異か? はたまた超自然現象か? 議論が沸騰するなか、アロナクス教授はその正体を暴くため、使用人のコンセイユとともに高速フリゲート艦に乗り込む。それが、驚くべき旅の始まりになるとも知らずに──。

海底二万里 あらすじ

盗作

音楽泥棒の自白(Inst)➤月光/ベートーベン
演奏者によって表現が異なりますので聴き比べがおすすめ

爆弾魔➤檸檬/梶井基次郎、加賀千代女、爆弾魔/ヨルシカ
青年期、空き巣(Inst)➤朝/グリーグ

思想犯➤1984/ジョージ・オーウェル、尾崎放哉

1984年、世界は〈オセアニア〉〈ユーラシア〉〈イースタシア〉という3つの国に分割統治されていた。オセアニアは、ビッグ・ブラザー率いる一党独裁制。市中に「ビッグ・ブラザーは見ている」と書かれたポスターが張られ、国民はテレスクリーンと呼ばれる装置で24時間監視されていた。党員のウィンストン・スミスは、この絶対的統治に疑念を抱き、体制の転覆をもくろむ〈ブラザー連合〉に興味を持ちはじめていた。一方、美しい党員ジュリアと親密になり、隠れ家でひそかに逢瀬を重ねるようになる。つかの間、自由と生きる喜びを噛みしめるふたり。しかし、そこには、冷酷で絶望的な罠がしかけられていたのだった――。

1984 あらすじ

レプリカント➤電気羊はアンドロイドの夢をみるか?/フィリップ・K・ディック、映画ブレードランナー

第三次大戦後、放射能灰に汚された地球では生きた動物を持っているかどうかが地位の象徴になっていた。人工の電気羊しかもっていないリックは、本物の動物を手に入れるため、火星から逃亡してきた〈奴隷〉アンドロイド8人の首にかけられた莫大な懸賞金を狙って、決死の狩りをはじめた!
リドリー・スコット監督の名作映画『ブレードランナー』原作。

電気羊はアンドロイドの夢を見るか? あらすじ

映画ブレードランナー
こちらもU-NEXTとAmazonプライムビデオで観れます。

花に亡霊➤化粧の天使達/川端康成

三頁の奇跡。残酷なのに、歪んでいるのに、儚いのに、世界はこんなにも美しい。至高の掌編小説集。「化粧の天使達」など122編収録

掌の小説 あらすじ

創作

嘘月➤尾崎放哉

幻燈

幻燈➤やまなし/宮沢賢治

小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈の世界は、読者の想像力に広がりを与える。そもそもクラムポンとは何なのか。そして「やまなし」はどこから流れてきてどこへいくのだろうか。

やまなし あらすじ

「やまなし」「風の又三郎」収録の短編集

第1章 夏の肖像

夏の肖像➤草木塔/種田山頭火

山頭火は生前一草庵で句稿を整理し、第一句集から第七句集(私家版)までを集成した一代句集『草木塔』を世に出した。本句集は独特の自由律俳句による名作として人気を博し、<分け入っても分け入っても青い山>等の名句とともに、山頭火は今も人々の心の中に生きている。

草木塔 概要

都落ち➤万葉集第2巻116番/但馬皇女

ブレーメン➤ブレーメンの音楽師/グリム童話

「おまえさん、ぼくはこれからブレーメンに行って、町の音楽師になるつもりなんだよ。さあ、いっしょに行こうじゃないか。おまえさんも仲間に入れてもらいなさるがいい。ぼくは、リュートをひくから、おまえさんはティンパニーをたたくといいよ」
これを聞いて、犬は満足しました。
こうして、二匹そろって歩いていきました。……

ブレーメンの音楽師 あらすじ

チノカテ➤地の糧/アンドレ・ジッド

君はすっかり読んでしまったら、この本を捨ててくれ給え。そして外へ出給え——。語り手は、青年ナタナエルに語りかける。「善か悪か懸念せずに愛すること」「賢者とはよろずのことに驚嘆する人を言う」「未来のうちに過去を再現しようと努めてはならぬ」。二十代のジッドが綴った本書は、欲望を肯定し情熱的に生きることを賛美する言葉の宝庫である。若者らの魂を揺さぶり続ける青春の書。

地の糧 あらすじ

雪国➤雪国/川端康成

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。「無為の孤独」を非情に守る青年・島村と、雪国の芸者・駒子の純情。魂が触れあう様を具に描き、人生の哀しさ美しさをうたったノーベル文学賞作家の名作。

雪国 あらすじ

月に吠える➤月に吠える/萩原朔太郎

明治から昭和にかけて芸術的な口語自由詩を確立した詩人、萩原朔太郎の処女詩集。1850(大正6)年に感情詩社から出版された。萩原家の書生であった従兄弟の萩原栄次に捧げられている。急遽2編を削除としての発売となり、文学界の注目を集めた。「萩原君。何と云つても私は君を愛する。」病的ともいえる近代人の精神を、口語自由詩で感覚的に描いている。

月に吠える 概要

451➤華氏451度/レイ・ブラッドベリ

華氏451度──この温度で書物の紙は引火し、そして燃える。451と刻印されたヘルメットをかぶり、昇火器の炎で隠匿されていた書物を焼き尽くす男たち。モンターグも自らの仕事に誇りを持つ、そうした昇火士(ファイアマン)のひとりだった。だがある晩、風変わりな少女とであってから、彼の人生は劇的に変わってゆく……

華氏451度 あらすじ

パドドゥ➤舞踏会/芥川龍之介

又三郎➤風の又三郎/宮沢賢治

どっどど どどうど どどうど どどう。風に乗って、謎の転校生がやって来た。
自然の声と子どもたちの感性が痛いほど澄み渡る珠玉の短編集。


「やっぱりあいづ又三郎だぞ」谷川の岸の小学校に風のように現われ去っていった転校生に対する、子供たちの親しみと恐れのいりまじった気持を生き生きと描く
──。

風の又三郎 あらすじ

靴の花火➤よだかの星/宮沢賢治、靴の花火/ヨルシカ
老人と海➤老人と海/アーネスト・ヘミングウェイ

八十四日間の不漁に見舞われた老漁師は、自らを慕う少年に見送られ、ひとり小舟で海へ出た。やがてその釣綱に、大物の手応えが。見たこともない巨大カジキとの死闘を繰り広げた老人に、海はさらなる試練を課すのだが――。

老人と海 あらすじ

さよならモルテン➤ニルスの不思議な旅/セルマ・ラーゲルレーヴ

トムテという妖精に悪戯をしたために小人にされてしまったニルスは、ガチョウのモルテンやガンのアッカたちとスウェーデンの空を北に向けて旅をすることに。旅の途中、仲間のガンの命を救ったり小さな動物たちを護ってあげたりするうちに、役立たずのただの悪童だったニルスが、小鳥や動物たちに好かれ、仲間に信頼される少年に成長していき───。

ニルスのふしぎな旅 あらすじ

いさな➤白鯨/ハーマン・メルヴィル

イシュメールは捕鯨船ピークォード号に乗り組んだ。船長エイハブの片脚を奪った巨大な白いマッコウクジラ“モービィ・ディック”への復讐を胸に、様々な人種で構成された乗組員たちの、壮絶な航海が始まる!

白鯨 あらすじ

左右盲➤幸福な王子/オスカー・ワイルド

つばめさん、この刀の柄からルビーをはずして、その貧しい女のところへ持っていってくれないか――。広場に立てられた王子の像が、宝石でできた自分の目や体じゅうの金箔を、燕に頼んで貧しい人々に分け与えてしまう。

幸福な王子 あらすじ

アルジャーノン➤アルジャーノンに花束を/ダニエル・キイス

知を求める青年チャーリイの苦悩と愛の物語。32歳で幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイは、ある日、ネズミのアルジャーノンと同じ画期的な脳外科手術を受ければ頭がよくなると告げられる。手術を受けたチャーリイは、超天才に変貌していくが……。

アルジャーノンに花束を あらすじ

ちなみに、「風の又三郎」「老人と海」「ブレーメンの音楽師」「月に吠える」「地の糧」「幸福な王子」の6冊は新潮文庫よりヨルシカ限定カバーで発売されております。
限定の6冊セットは今では入手が厳しくなっておりますが1冊売りであれば書店に在庫があったりもするのでお近くのお店を確認してみてください◎

第2章 踊る動物

第一夜~第十夜➤夢十夜/夏目漱石

「第一夜」から「第十夜」までの夢が幻想的で詩的に構成される。十編のうち四編は「こんな夢を見た」と、目覚めた視点から夢の記憶を語り始める───。

夢十夜 あらすじ

第三夜➤マイルス・デイヴィス/アーヴィング・ベン
第五夜➤理性の眠りは怪物を生む/フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ

気まぐれ/43 理性の眠りは怪物を生む 文化遺産オンライン
「理性に見捨てられた想像力はあり得ない怪物を生む。理性と結合すれば、想像力は諸芸術の母となりその驚異の源泉となる。」プラド美術館にある本作の素描には、以下の趣旨の注釈が加えられている。「夢を見ている作者。有害な迷信を打ち破り、この作品によ...

第七夜➤ポーズ/グレン・グールド
第八夜➤夜のパリ/ブラッサイ

第十夜➤アトリエ/フランシス・ベーコン

▼小説の読み放題が豊富なサブスク

【ヨルシカ関連記事】

音楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク
すずみねをフォローする
ごろリッチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました